フラワー電報とは?

6月の第3週の日曜日と言ってあなたは何を思い浮かべますか?大切な休日。その日も土日関係ない仕事の日。人により様々だと思いますが、ほとんどの人は父の日を思い浮かべるかと思います。母の日は5月の第2週の日曜日とほとんどの人が思い浮かべ、カーネーションなどの花を始め、様々な物を自分で考え贈っているかと思いますが、父の日にはハンカチやネクタイ、またお酒が好きなお父さんにはお酒を贈っていると思います。

しかし、最近では父の日にも花を贈る人も多くなってきており、母の日のカーネーションよりは定着していませんが、バラの花を贈ることが父の日に贈る花として一般的になっています。もちろんバラの花以外にもお父さんが好んでいる花を贈ることも間違いではありませんが、普段あまりお父さんと話をしていない人も多くいるかと思います。

父の日はそんなお父さんに感謝をして、贈り物を届ける日ですが、最近ではフラワー電報を使い、お父さんに直接的には言えない事を電報を使って伝えている人も増えてきています。電報という言葉を聞いたことはあるが実際には電報って何?と疑問を覚える人もいると思います。

電報とは指定した電話会社に文字を送り、それを印刷してもらい相手方に届けると言うものです。なかなか普段言えない言葉でも電報と一緒なら感謝の気持ちを伝える事が出来たり、恥ずかしくて言えないことも伝える事が出来るので、最近の父の日の何週間、何ヵ月前には注目を浴びている父の日ギフトです。